一時的な出費でキャッシングし利息あり

安定した収入が毎月あり夫も協力してくれていても子供の小学校受験には、一時的な出費が多くキャッシングすることにした。利息があっても今の時間を逃してしまっては子供は小学校受験できなくなってしまうし、浪人をするわけにもいかない。普段から子供に習い事をさせたりしているため貯蓄もほとんどなかった。

今回に限って思い切ってキャッシングをすることを夫と相談し借りることに決めた。手数料が発生しても現時点で資金調達できれば子供はいくつもの小学校受験ができるし、更には受験に備えての習い事もすることを諦めなくて済む。キャッシング会社を何軒か探し自分たち家族にあっている金融会社を見つけることにした。利息は低ければそれだけ有り難いと思うし、返済も小学校受験が終了してから少しずつ返済できる金融を希望していた。


キャッシングする金額によって年利率が違っており、大きな金額を借りた方が利息が少なく済むような感じの所もある。受験に備えての塾や習い事を考えたら資金は余裕あるほうがこちらも助かるから、ある程度まとまった金額を借りることにした。我が家で必要と思った金額は200万円でどこのキャッシングなら利息が一番安く抑えられるか調べることから始まった。


キャッシングする金額が決まっているのならば、金融機関の比較もできるし利息も計算がしやすい。この場合月に一万や二万借りたとしてもすぐに足りなくなることは判明している。それならば大金にすることで手元に置いておけばいいだけのことという考え方になった。


しかし、子供の受験に使う分は色々出費がかかった。小学校へ子供を連れて両親の面接がある為、服装やバッグ靴と一通り揃えるだけでも結構な額になっていった。夫は普段はスーツで出社しているが、これを機に新品を購入することになった。キャッシングしたことによって今まで我慢していた物を買い替えたりすることもできた。


そのことによって家族全員に余裕ができ気持ちもおおらかになれたようだ。キャッシングのきっかけは子供の為ではあったけれど、実際は家族全員の為になり生活に変化をもたらすこともできた。今200万円借りてこれから返済をしていくけれど、満足した分少しずつでも返していきながらキャッシングはこれからも利用していきたいという気持ちになった。利息を支払ってでも借りる価値は十分にあるし、借りることによって諦めなくて良いということは素晴らしいと心の底から感じるようになっていた。