キャッシングを行う時の利息について

キャッシングを行う時は、様々な金融業者から選択するのですが、どこを選ぶかの選択の時に気になる所としては、やはり返済の事を考えると利息というのが重要な決め手になる部分が大きいです。

借金は返済が長期間に及ぶ程不利になる傾向がありますから、出来る限りキャッシングをした後は早く返済してしまいたいものです、借りている間は常に日割り計算で利息がついて来る状態なので、返せる時は一気に返してしまいましょう。

利息に関しては銀行と消費者金融ならば、銀行の方が利息が安くなっている場合が多いです、一般的には消費者金融の方が利息は高く設定されています。ですから利息という点を見るならば、銀行で審査申込みをしてキャッシングを行うのが良いでしょう、ただ、銀行はキャッシングの審査が消費者金融よりも慎重で厳しい傾向にあります。

銀行審査に通らない時は少し高くなりますが、消費者金融を選択するという方は多いですし、また、消費者金融の方が早く借りれるので、その利点を活かしたいという方の場合は、あえて消費者金融業者の方を選択する事もあります。


すぐに借りてすぐに返すという場合は銀行より有利な点も多い側面があります。例えば、即日融資や無金利サービス等を利用する時です。自分にとって必要なニーズを満たしてくれる業者を選びましょう。


キャッシングを行う時は様々な決まりがありますが、利息については利息制限法というものあり、中身は細かく決められている法律ですが、キャッシングを行う方にとって気になるのは、いくら借りたらいくら金利がついてくるかという所です。業者側も定められた金利以上のものを消費者から取る事は禁止されています。昔は年率29.2%という時代もありましたが、今は低く設定されています。


元本の額が10万円未満の場合は年20%元本の額が10万円以上100万円未満の場合は年18%元本の額が100万円以上の場合は年15%という感じの決まりです。ですからキャッシングを行った場合はこの規定の中で利息を取られる事になりますが、例えばキャッシング複数業者から行った時に、各業者に金利分を上乗せして返済する必要があります、そうなると1社事に50万円借りている場合は18%の年率分を返済する必要があります。それが3社あれば、各業者に18%年率分を払う必要があるのですが、利息制限法を利用し、1社にキャッシングしたお金を纏めてもらうサービスを利用します、すると3社で150万になりますから、年率15%になり、支払いが非常に楽になるというような事になるのです。いずれにしても、キャッシングをする場合は早く返済するのが借金との良い付き合い方です。